So-net無料ブログ作成

日曜洋画劇場 岳  [映画]

スポンサーリンク




映画「岳-ガク-」がテレビ朝日系「日曜洋画劇場」で地上波初登場します。

日曜洋画劇場「岳-ガク-」の放送日は9月23日(日)
放映時間は21時30分~23時40分です。

「岳-ガク-」2011年公開。主演の島崎三歩に今、最も旬な若手俳優・小栗旬。
ヒロインの新人救助隊員・椎名久美を長澤まさみが演じます。



〔あらすじ〕
雄大な北アルプス山系。そこには誰よりも山を愛する男・島崎三歩(小栗旬)がいた。
世界中の巨峰を登り歩いてきた三歩は、山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。
彼は山のように大きな包容力を持ち、仮に要救助者が死んでしまっていても「よく、頑張った」と労わりの言葉をかける男である。
そんな三歩の暮らす山に、新人救助隊員の椎名久美(長澤まさみ)がやってくる。
久美は過酷な訓練を乗り越え成長していくが、実際の救助では遭難者の命を救うことが出来ない日々が続く。
そんな折、猛吹雪の冬山で多重遭難が発生。仲間と共に救助に向かう久美を待ち受けていたのは、想像を絶する雪山の脅威! その時、三歩は…。

〔キャスト〕小栗旬/長澤まさみ/佐々木蔵之介/石田卓也/市毛良枝/渡部篤郎
〔原作〕石塚真一「岳 -ガク-」(小学館刊「ビッグコミックオリジナル」連載)
〔主題歌〕コブクロ「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」

 【送料無料】あの太陽が、この世界を照らし続けるように。 [ コブクロ ] 


映画のストーリーは海猿の山版という感じです。
猛吹雪の冬山で多重遭難が発生し、救助に向かった久美に雪山の脅威が容赦なく襲う。
遭難時の過酷さがリアルに描かれています。

主人公の三歩役の小栗旬の演技がすごくいいです。
底抜けに明るくてタフで、そして常に前向きな山の男を見事に演じています。
先日最終回を迎えた「リッチマン、プアウーマン」のシリアスな顔とはまた違うキャラクター。
ホントに色んな顔を演じることのできる、素晴らしい俳優さんですね。

北アルプスの風景は雄大で迫力があり、圧巻でした。
これだけでも見応えは充分あると思います。

映画館で見た方はテレビだと少し物足りなく感じるかも知れません。
それを差し引いても、あとに感動の残る、いい映画だと思います。





スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 日々の出来事 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。